新生エオルゼア アワワ日記

おもに新生FF14を盛っていく日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パッチ2.5実装コンテンツ情報 第一弾!

パッチ2.5実装コンテンツ情報 第一弾!

.
パッチ2.5

「希望の灯火 パート1」では、新たなインスタンスダンジョン「幻龍残骸 黙約の塔」、ハードモードの「武装聖域 ワンダラーパレス」「邪念排撃 古城アムダプール」、新たなアライアンスレイドダンジョン「クリスタルタワー:闇の世界」が実装されます。



新規インスタンスダンジョン

≪幻龍残骸 黙約の塔≫

15年前の銀泪湖上空戦の折に現出し、
ガレマール帝国軍の巨大飛空戦艦「アグリウス」と相打ったとされる、幻龍「ミドガルズオルム」。
湖面に突き刺さった巨艦の残骸と、これに巻き付いた幻龍の骸は、今では「黙約の塔」と呼ばれている。
皇都「イシュガルド」から寄せられたある情報の真相を確かめるべく、
光の戦士たちは、黙約の塔へと向かう……。




レベル制限 ファイター/ソーサラー レベル50
アイテムレベルによる制限 ???
参加登録人数 1人~4人
制限時間 90分
クエスト名 メインクエスト「黙約の塔へ」
受注条件 メインクエスト「押収された武器」をコンプリートしている




インスタンスダンジョン(ハードモード)

≪武装聖域 ワンダラーパレス≫

怨念の権化と化していたトンベリキングを倒したこと、そして、献身的に彼らを支える者の存在により、ワンダラーパレスのトンベリたちは、徐々に正気を取り戻していった。
だが、静かな暮らしに戻ろうとする彼らの想いは、侵入者により踏みにじられることになる。マムージャ族の傭兵団「光鱗戦闘団」が現れ、神殿を占拠したのだ。拠点として用いるため要塞化されつつある聖域に赴き、トンベリたちを救い出せ!




レベル制限 ファイター/ソーサラー レベル50
アイテムレベルによる制限 ???
参加登録人数 1人~4人
制限時間 90分
クエスト名 サブクエスト「ワンダラーパレスを血に染めて」
受注条件 「旅神聖域 ワンダラーパレス」、メインクエスト「究極幻想アルテマウェポン」をコンプリートしている

≪邪念排撃 古城アムダプール≫

冒険者の活躍で、カルト集団「最後の群民」が排撃されたことにより、古城アムダプールは静けさを取り戻したかに見えた。しかし、邪教徒たちが遺跡の端々に施していた、穢れた術式が、何者かの手により発動。妖異たちが蠢きはじめたのだった。
さらに妖異の邪念にあてられたのか、森の動植物までもがざわめき始める。森と精霊に安らぎをもたらすため、今一度、古城に潜入し、邪教徒たちの負の遺産を取り除くのだ。




レベル制限 ファイター/ソーサラー レベル50
アイテムレベルによる制限 ???
参加登録人数 1人~4人
制限時間 90分
クエスト名 サブクエスト「古城アムダプールの残影」
受注条件 「邪教排撃 古城アムダプール」、メインクエスト「究極幻想アルテマウェポン」をコンプリートしている




アライアンスレイドダンジョン

≪クリスタルタワー:闇の世界≫

古代アラグ帝国の始皇帝ザンデは、その治世の末期に、妖異を束ねる魔王のひとり、「暗闇の雲」と血の契約を交わした。
すべては強力な妖異の軍勢を従えるため……。
ザンデの討伐を以て、危機は去ったと思われていたが、雲は物質界への侵攻を諦めてはいなかった。
光の戦士たちは、古の時代「闇の世界」と呼ばれていた異界「ヴォイド」へと旅立つ。




レベル制限 ファイター/ソーサラー レベル50
アイテムレベルによる制限 ???
参加登録人数 1~8人(3組 24人限定)
制限時間 120分
クエスト名 クロニクルクエスト「闇の世界」
受注条件 クロニクルクエスト「シルクスの塔」をコンプリートしている
スポンサーサイト
  1. 2015/01/15(木) 09:32:23|
  2. FF14
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
| ホーム | クラメンだよ!全員集合☆彡>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/06/02(火) 13:02:13 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ff14sparx.blog.fc2.com/tb.php/103-396bd3d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。