新生エオルゼア アワワ日記

おもに新生FF14を盛っていく日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SSの背景をぼかす方法

まずはじめに

今日はFF14記事ではありません

画像加工に関する記事になります。

興味のない方はスルーしてください。



最近、FFフォーラムやブログなどの画像で良く見かけるのですが、

「人物などの目立たせたい被写体だけにピントを合わせて、周りの風景はぼかした写真(ss)」などが

数多くあります。

ぶろ友のフォーリエさんのブログのSSはサイコーですよ^-^


そこで最近密かに人気?になっている加工についてのお話になります。


ちょっと画像も交えての長文説明になりますので時間のある方はお付き合いください。






FF14を遊んでいてSSを撮影した場合、ほぼ全体的にピントが合う形で撮影されます。

一眼レフなどのカメラでいう所の「パンフォーカス」です。または、「被写界深度が深い」とも言います。
旅行先で集合写真などの写真がこれに当てはまると思います。
深いがあれば浅いもあります。「被写界深度が浅い」写真を「アウトフォーカス」と言います。

さきほど述べた「人物などの目立たせたい被写体だけにピントを合わせて、周りの風景はぼかした写真(SS)」これが「アウトフォーカス」になります。

撮影の露出を決める要素には3つあります。
1:シャッタースピード
2:絞り
3:ISO感度


< 1個ずつザックリ簡単に説明 >

カメラの中にある記録媒体には、通常幕(板?)で仕切られていて光が当たらないようになってます。
そして記録媒体に光が当たるとその瞬間が記録されます。


1:シャッタースピードとは、シャッターボタンを押した時、どれだけの時間幕をあげるか?を決めます。
この時間が短いほど、静止したような写真になります。逆に長いほど流れる(ブレてる?)ような写真になります。125分の1 などと表されます。


2:絞りとは、どれだけその被写体にピントを合わせるかです。ピントを絞れば絞るほど被写体以外は、ぼやけるようになっていきます。前後のぼやけはもちろんのこと、同じ距離にいた隣同士の場合もぼやけていきます。
この場合、記録媒体に当たる光の量は少なくなるので、暗い感じの写真になりやすいです。F8やF9などと表されます。


3:ISO感度とは記録媒体がどれだけ光の量を感知するかということです。簡単に室内など光量が少ない所ではISOを高く、屋外などの光量が多い所では低く設定します。実際には、シャッタースピードと絞りの設定でも光量はきめられているので、それら全ての要素を含めて設定します。1000や1600などと表されます。


話が脱線してしまいましたが、実際写真を撮る場合、これらの設定をおこなってから撮影をします。まぁ、こだわりがなければA(オート)で十分かもしれません。



で、、、


FFではこれらの設定が全てオート?(設定変更不可能)になります。
・・・なんか違うな。SSって今その画面に表示されているものを記録するってカンジです。
なので、ゲーム画面の表示自体に遠近がある場合はSSでもリアルな感じで記録できますね。
(ドラOス、ダンジョンO-ローとか)


じゃあ、新生FF14はどうでしょうか?
画面表示自体に遠近的な変化はほとんどありませんね;w;
結果、SSを撮影しただけではアウトフォーカスになりません。


そこで画像編集ソフト(ツール)で、撮影した画像をあとから加工します。

画像編集ソフトにはいろいろな種類があります。(自分はPaint.NETを使ってます)


ここでは、paint.NET(ペイント ドット ネット)のぼかし(ガウス)を使って説明していきます。




・まず加工したい画像を開きます。この時、同じ画像を2枚開く(ファイルのインポートね)





・次に「レイヤー」>「レイヤーの追加」をクリックして新規レイヤ(この場合レイヤ3)を追加します。




・レイヤ3を黒くバケツで塗りつぶします。
・レイヤ3のプロパティを開いて「モード:スクリーン」に不透明度を180くらい(適当)に変更します。




・背景以外のチェックを外します。
・背景をガウスでぼかします。(値は好きにしてください、値に比例してぼけていきます。今回は2にしてます)




・ガウスでぼかしたら先ほど外したチェックを付け直します。
・つぎに浮き上がらせる被写体(ぼかしたくない被写体)を「直線/曲線」を使い白色でトレースしていきます。
画像の拡大とブラシ幅2にするとトレースしやすく、線は内側ぎみにするときれいにできます。



・こんなカンジでトレースします。




・トレース終了後、レイヤ3の不透明度を255に戻し、背景のチェックをはずします。
すると、黒地に白線で形がトレースできていると思います。




・バケツで白く塗りつぶします。
このとき、ツールの上にある「許容範囲」を70%位にしてみてください。ムラがある所はブラシで塗ります。





・これを名前を付けて保存します。このときファイルの種類をPNGに変更してください。





・保存が完了したら履歴から1個戻るを押してステップを1つ戻します。(ctel+zでもおk)
・レイヤ3はもういらないので「レイヤの削除」で削除してもかまいません。





・これで現在画面上のレイヤは2つになったと思います。2つともチェックをいれて被写体のレイヤを選択した状態にしておきます。





・次に、「効果」>「アルファマスク」を適用します。





・さきほど保存したPNGファイルを開きます。いろいろチェック項目があるかもしれませんが、チェックなしでいきましょう。以下のような画面なるはず。ここでmask状態を保存してもいいかも(PNGファイルで保存JPGファイルで保存)





・最後に「レイヤーの結合」を行ってマスク画像(切り抜いたキャラ画像)と背景(ガウス加工済み背景)を1枚の画像にします。

JPGファイルで保存して終了になります。





加工前の画像(パンフォーカス)



加工後の画像(アウトフォーカス)







ここで紹介した方法は、ひとつのやり方です。
他のソフトと合わせて編集したり、はたまたPaint.NETで、もっと簡単な方法があるかも知れません。

逆に「こうした方が楽だよ」~とか「こっちのソフトの方がいいぜ!」とかあったら教えてください>_<



最後に・・・

長文&駄文に最後までお付き合い頂き有難う御座いました。
FF画像がサイコーなんでSSがドンドン溜まっていくと思います。(俺だけじゃないよね?!
さらにちょっとだけ手間をかけると、サイコーなSSがチョベリグなSSなります(死語サーセン

明日夕方からクローズドベータ4週目が始まります。期待に胸が膨らみパンクしそうな日々でしたが、ようやく開放されそうです。耐久テストっぽいので鯖がいつ閉店するか、わかりませんが存分に楽しみましょう~

それでは、よいFFLIFE&SSを~~~ノノ
スポンサーサイト
  1. 2013/07/04(木) 22:35:28|
  2. FF14
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<今日の1枚- - 2枚追加 - - | ホーム | 染色>>

コメント

Re: タイトルなし

> Tyrrell.Lさん

コメ有難う御座いますー。いつもブログ楽しみに読んでます

マスクを消しゴムを使って作る方法もあるみたいですが、あれ結構難しいですよね。

ぜひ活用してください^-^
  1. 2013/07/09(火) 12:58:16 |
  2. URL |
  3. Sparx #-
  4. [ 編集 ]

ほぉー、これはいいですね~!
ぼかし効果なかなか上手く入れられないのでどうしてるのかなって思ってましたが…

参考にさせて頂きます~(*´ω`*)
  1. 2013/07/08(月) 05:07:25 |
  2. URL |
  3. Tyrrell.L #Sxef2L9E
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> Soffetさん

コメ有難う御座います。
そう言って頂けると記事にしたかいがありました。

画像加工慣れるまで時間かかるかもしれませんが、慣れるとけっこう楽にできますよ。
機会があったら遊び感覚でやってみてください^-^
  1. 2013/07/07(日) 23:56:41 |
  2. URL |
  3. Sparx #-
  4. [ 編集 ]

自分もカメラやるので(最近はもっぱらミラーレスですが^^;)、説明わかり易かったですよ!

SSのぼかし加工はとても魅力的ですね~。参考になりました!
  1. 2013/07/06(土) 02:33:31 |
  2. URL |
  3. Soffet #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ff14sparx.blog.fc2.com/tb.php/38-6391500e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。